ディフェリンゲル 毛穴

ディフェリンゲル 毛穴 黒ずみ


毛穴の黒ずみ、開きなどの悩みを抱えている方はとても多く、皮膚科に通う方もおられます。その際、毛穴の黒ずみや開きの改善策として、ディフェリンゲルを処方される先生もおられるようです。

ディフェリンゲルの本来の使用方法ではありませんが、続けて使用していると確かに黒ずみが薄くなります。

ディフェリン0.1%
(オオサカ堂)

しかし、毛穴ケアといった、美意識に関連するケアの場合、期待は別の方向にあるがために、ディフェリンゲルでは思っていたより大きな成果を感じられないという方が多いのではないでしょうか。

毛穴、シミの汚れをキレイにしたい場合は、美白効果のあるトレチノイン、ハイドロキノンでの治療が大きな成果をもたらすでしょう。

[BIHAKUEN]トレチノイン0.05%

ユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)

【使い方】

洗顔後、化粧水やローションを付けて乾かした後、トレチノインを気になる箇所に薄く塗り、10分おきます。

10分経過したら、ハイドロキノンをさっきよりも少し広めに、白くならないように薄く塗ります。

そこから約40分経過後、保湿クリームと日焼け止めを塗ります。日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用のものが推奨です。

ディフェリンゲル 毛穴 効果


ディフェリンゲルが持つピーリング作用から考えると、毛穴が綺麗に見えるようになる効果は確かにあるでしょう。

ディフェリンゲルのピーリングには、古くなっても落ちない皮膚を剥がしやすくし、新しい肌を再生しやすくします。

古い皮膚が落ちると、同時に角栓も落ちますし、新しい肌が再生されると、肌がコラーゲンを生成するようになり、肌の水分が戻ってハリが出てくるためです。

ただ、ディフェリンゲルを使うことによって、きめ細かな肌、肌一面透明感のある美白のような未来の肌状態を想像している方が多いのではないかと感じます。

このような場合、ディフェリンゲルよりも、先ほど書いたハイドロキノンやトレチノインを使った美白ケアや、専用化粧品でのケア、或いはクリニックのレーザー治療、エステサロンでの超音波クレンジングの方が、理想の見た目を手に入れることができるでしょう。

■ビーグレンクレイウォッシュ
http://www.bglen.net/products/detail.php?product_id=401


成分モンモリロナイトが毛穴の汚れだけをつかみ捕り、外に飛び出して電気分化します。泡立ち成分を配合しないことにより、肌負担が少く、敏感肌、混合肌の方でも、いつでも利用できます。


ディフェリンゲル 毛穴 ニキビ


毛穴の黒ずみや開きの改善を考える場合、ディフェリンゲルに対してニキビ治療としての成果を期待する方と、毛穴ケアとしての成果を期待する方のビジョンは全く違う方向になっていると思います。

黒ずみをなんとかしたいと思う方は、汚れをしっかり取るクレンジングと、角栓の酸化状態(黒ずみ)を防ぐビタミンC誘導体配合の美容液でのケアがおすすめです。

■ビーグレンCセラム
http://www.bglen.net/products/detail.php?product_id=272


カリフォルニア産の美容液。がん医療でも使われる高い浸透技術で、必要な箇所に的確にビタミンC、美容成分を届けます。

たるみ毛穴(開き)の場合、体温低下、冷え性などが乾燥を招き、肌が水分不足になっています。ですので、高い水分保持機能を持った化粧品で、肌のセラミド生成を促進するケアがおすすめです。

ディフェリンゲルはなんといってもニキビ治療における働きの方が大きいです。毛穴をブロックした皮脂や汚れを排除し、他のニキビ治療薬と併用することもできるので、今でもディフェリンゲルはニキビ改善に大きな成果をもたらしています。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|