ディフェリンゲル 悪化

ディフェリンゲル 悪化 ニキビ


ニキビ治療薬ディフェリンゲル使用時の肌状態の悪化について書いています。主に皮膚が剥がれることによる痒みやヒリヒリ感、乾燥肌について、その対処法を掲載。

ディフェリンゲル 悪化 効果


ディフェリンゲルはお薬だけを使用していると肌がだんだんとガサガサになってしまいます。

他のニキビ治療薬と同様、乾燥作用があるため、大人ニキビの方は特に、悪化させないためにも肌の保湿を徹底しなければなりません。

ディフェリンを使用中は、化粧水、保湿クリームを併用して肌を乾燥から守る必要があります。塗る順番は成分が交じり合うことがないためどちらでも構いません。

成分浸透が心配な方は
?化粧水?ディフェリン?保湿クリーム

の順に塗るとよいでしょう。これは、皮膚科の先生がこのようにおっしゃられるという声が多いためです。

低刺激性保湿クリーム【水の彩】


ディフェリンゲル 悪化 副作用


ディフェリンゲルにはピーリング作用、乾燥作用があるため、使用時の赤みやヒリヒリ、痒みや肌のガサガサ感といった副作用により、肌が悪化したように感じる方も多いと思います。しかし、これは肌の状態を正常化するために発生するものです。

ニキビができやすい肌というのは、古い角質が皮膚から剥がれずに毛穴詰まりの原因となっていたり、新しい肌を再生させるターンオーバーと呼ばれる肌再生周期(およそ28日)を乱してます。

ディフェリンゲルにはこの再生周期を正常に戻し、ニキビのできにくい肌にします。このため、赤み、腫れといった、悪化したような作用は、続けることによって改善の兆しが見えてきます。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|